サイハイラン

 ラン科サイハイラン属の多年草(学名:Cremastra appendiculata)

 全国に分布し、口丹波では低山の湿った日陰でたまに見かける。野生ランには珍しく京都府のレッド・リストには記載されていないが、口丹波では準絶滅危惧種のカヤランよりも出会う回数は少ない。偽鱗茎は毎年新しいものができ、前年のそれの隣に並ぶ。葉は偽鱗茎の先から1~2枚出て、長楕円形で先が尖る。長さは15~30cmほど。葉は古くなってくると黄色い斑点が出ることが多い。初夏に花をつけ、花後に葉は枯れて秋に新しい葉を出してくる。花は長い花茎に10~20個ほどが総状につき、淡紅紫色を帯びるが地味でさほど目立たない。

サイハイランの動画はコチラです。

 花期は5月-6月頃。


サイハイラン サイハイラン
薄暗い場所でよく見かけるサイハイラン  2015年5月下旬 亀岡市 花はややまばらにつく  2015年5月下旬 亀岡市
サイハイラン サイハイラン
サイハイランの花  2015年5月下旬 亀岡市 サイハイランの花  2015年5月下旬 亀岡市
サイハイラン サイハイラン
サイハイランの花  2015年5月下旬 亀岡市 前年の葉は花期に枯れ始め黄色く変色していく  2015年5月下旬 亀岡市
サイハイラン サイハイラン
山麓の草地で花茎を上げるサイハイラン  2015年5月下旬 京丹波町 前年葉が花期にも残っている  2015年5月下旬 京丹波町
サイハイラン サイハイラン
花茎の下の方から咲き上がる  2015年5月下旬 京丹波町 正面から見た花 花はやや下向きに咲く  2015年5月下旬 京丹波町
サイハイラン サイハイラン
横から見た花  2015年5月下旬 京丹波町 花茎につく鱗片  2015年5月下旬 京丹波町
サイハイラン サイハイラン
新葉   2013年9月 京丹波町 新葉   2013年9月 京丹波町
サイハイラン サイハイラン
昨年の偽鱗茎の横から新しい葉が出る   2013年9月 京丹波町 黄色い斑点が見られる   2012年5月 京丹波町
ふる里・口丹波の花と植物(トップページ)




inserted by FC2 system