バイカオウレン

 キンポウゲ科オウレン属の多年草(学名:Coptis quinquefolia)

 別名をゴカヨウオウレン(五加葉黄蓮)といって、小葉が5枚つくオウレン。本州(福島県以西)と四国に分布する。草丈15cm程度で、口丹波に多いセリバオウレンと較べると花茎の丈も葉も1回り小さい。花弁のような白いものは萼で5個ついている。これが梅花のようなのでバイカオウレンと呼ばれる。雄しべの外側にある5つの黄緑色または明るい黄色いものが花弁で、この花のチャームポイントになっている。
 口丹波で本種が自生している場所は、山麓の渓流沿いで、山や木々によって直射日光は殆ど届かず、年中湿潤で風通しもよく、そのため真夏でも高温にならない。また空中湿度の高い場所でもある。毎年多くの種も落としているが、地下茎でも増える。私の知っている自生地では、数百株の群落を作っている。

 花期は2月-4月頃。

 サイト内関連記事: バイカオウレンの動画のページ   バイカオウレンの育成記録


バイカオウレン バイカオウレン
2013年3月  京丹波町 2013年3月  京丹波町
バイカオウレン バイカオウレン
2013年3月  京丹波町 2013年3月  京丹波町
バイカオウレン バイカオウレン
2013年3月  京丹波町 2013年3月  京丹波町
バイカオウレン バイカオウレン
2012年5月  京丹波町 2012年5月  京丹波町
ふる里・口丹波の花と植物(トップページ)




inserted by FC2 system